映画

カリキュラム

現役の映画作家たちのアイディアをもとに、従来の映画学校で欠落していた教育に目を向けたカリキュラムを組んでいます。俳優コースの学生は「英語ダイアローグ」や「ギター&ボーカル」なども学び、監督コースの学生も「演出」を学ぶと同 […]

映画

映画学科コース

映画学科は、  その総合的映画教育により、自主独立の映画監督を育成します。 映画学科は、  その技術的映画教育により、社会に適応する映画技術者を育成します。 映画学科は、  その知的映画教育により、映画を企画・制作・批評 […]

映画

講師紹介

皆さんと共に学び、考え、行動する教員たち、その全てが現役の映画人です。 高橋伴明(教授 映画学科学科長/映画監督) 『婦女暴行脱走犯』(’72)にて監督デビューし、50数本のピンク映画を監督。『TATTOO(刺青)あり』 […]

映画

北白川派

私たちが『北白川派映画芸術運動』と呼ぶこの映画製作は、毎年一本の劇場公開作品をプロと学生で共同製作するものです。2008年・木村威夫監督作品「黄金花」、2009年・高橋伴明監督作品「MADE IN JAPANこらッ!」、 […]

映画

映画祭

「作るだけじゃない、観せてこそ映画」をテーマに、映画学科の学生によって企画運営される映画祭。前年度に制作された学生映画を学科内に限らず広く募集し、アカデミー会員によって作品賞、監督賞などを選定、発表する「京都造形アカデミ […]

映画

映画学科とは?

2007年度に新たに開設された映画学科は、あらゆる映画を教育領域として扱い、自主独立の精神を持った、映画界で生き抜いていける人材の育成を目指していきます。「映画監督コース」「映画技術コース」「プロデュースコース」「映画俳 […]

映画

新年度が始まりました

2009 年 4 月 3 日 2009年度入学式が行われました。 入学式に続いて、学科のガイダンスです。 学科長の林海象先生 今年度の映画学科の新入生は80人です。 最近は黒のスーツが流行なのでしょうか? Filed u […]

映画

映画祭2010

2011 年 1 月 19 日 11月に終了した京都造形芸術大学映画祭のクロージング企画が、京都シネマで開催されます。 「学生シネマ」 ~第4回京都造形芸術大学映画祭クロージング企画~ 京都シネマカレッジウィークVol. […]